検 査 の ご 紹 介





超音波検査




 超音波検査(エコー検査)は、体の外から超音波(人には聞こえない高い周波数の音)をあてて、その反射音を画像にして、身体の中の状態を調べる検査です。肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓などの腹部全般、心臓、血管、乳腺などの検査も可能です。
 超音波検査は、X線やCTのように放射線の被曝もなく、安全で手軽に行える画像診断で、患者さんに苦痛を与えない検査です。




★腹部超音波検査では何がわかるの?★

 肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓などの観察や腹水などの診断ができる検査です。そのなかでも胆石や胆嚢炎、脂肪肝、肝腫瘍などの診断に有用な検査です。超音波の反射波を画像にするので、放射線のように身体への影響は全くないため、お腹の中の胎児を見るのにも使われるのです。。
 
 【検査の受け方】
 @暗い部屋の中で腹部を出してベッドに横になっていただきます。
 Aゼリーを塗り、超音波を発生・送信するプローブというものを腹部にあてます。
 B所要時間10分程の検査です。苦痛は全くありません。


★頚動脈エコーとは?★

 頚動脈エコーは、脳につながる頚動脈を超音波検査することで、動脈硬化の程度を測定することができます。
 頚動脈が動脈硬化などで狭くなったり、詰まったりすると脳梗塞の原因にもなるのです。 頚動脈エコーは、動脈硬化の進行や、脳血管障害の予防や治療に役立つ検査です。

 【検査の受け方】
 @ベッドに仰向けに寝ていただきます。
 A首の部分にゼリーを塗り、プローブあてて検査します。
 B左右あわせて5分程度で終わる簡単な検査です。









内視鏡検査




 
 内視鏡検査は、先端にレンズのついた細長い管を挿入して食道、胃、大腸などを直接観察を行うものです。ポリープや初期のがんでは、内視鏡を使って治療することも可能です。

 当院では胃と大腸の内視鏡検査と治療を行っております。
 ご希望の方には薬剤(鎮静剤など)の投与によって、痛みや苦痛のない無痛内視鏡検査を行っております。内視鏡室のページで詳しくご紹介しておりますのでご覧ください




























サラサラ血液の測定機です




★サラサラ血液のすすめ★


 血液がサラサラと体内を駆け巡るからこそ細胞は新しく生まれ変わる。
 がんの次に多い死因といえば、脳血管障害、心血管障害です。これらは動脈硬化などの状態に加えて、ドロドロ血液の状態が続くことによって、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすといってもいいでしょう。また、高血圧や糖尿病など、生活習慣病の原因にも・・・。このドロドロ血液は、食生活の欧米化や運動不足などが原因となるのです。



〜サラサラ血液生活〜

・水分を十分にとりましょう。
・野菜、魚、海藻などを食べましょう。
 和食が理想的です。
・上手にストレスを解消しましょう。
・タバコはドロドロ血液の原因になります。


 当院ではテレビでもよく見かけるサラサラ血液測定装置で、サラサラ健診を行っております。サラサラ健診のお申込み、お問い合わせは、お気軽に当院までご相談ください。









血液ドロドロ度チェック


100 点満点 ( 合格点 80 点 )

テストを開始するには [テスト開始] ボタンを押してください。
問 1 揚げ物や肉が好きで、魚はほとんど食べない。
はい  いいえ
問 2 野菜や煮物はあまり食べない。
はい  いいえ
問 3 濃いめの味付けでないと物足りない。
はい  いいえ
問 4 夕食は外食やテイクアウトの弁当が多い。
はい  いいえ
問 5 夜食や間食が多い。
はい  いいえ
問 6 食べ物の好き嫌いは多い方だ。
はい  いいえ
問 7 甘いものが大好き。
はい  いいえ
問 8 ほぼ毎日ビール1本(日本酒1合)以上の酒を飲む。
はい  いいえ
問 9 たばこを1日に10本以上吸う。
はい  いいえ
問 10 深夜まで起きていることが多く、いつも寝不足気味。
はい  いいえ
問 11 運動はあまりやっていない。
はい  いいえ
問 12 歩くのが面倒で、つい車に乗る。
はい  いいえ
問 13 肩こりや頭痛に悩まされることが多い。
はい  いいえ
問 14 疲れているのに眠れないことが多い。
はい  いいえ
問 15 職場でストレスを感じることが多い。
はい  いいえ
問 16 最近イライラすることが多い。
はい  いいえ
問 17 いつも疲れている感じがする。
はい  いいえ
問 18 いつも血圧が高め。あるいは低血圧気味で早起きは苦手だ。
はい  いいえ
問 19 健康診断で血糖値やコレステロールが高いと言われた。
はい  いいえ
問 20 夏でも冷え性に悩まされる。
はい  いいえ

お疲れ様でした。「採点」ボタンを押して採点してください。  

結果:

90点以上 70〜85点 55〜65点 0〜50点
今のところ、ほぼ血液サラサラ状態を保っていると言えます。しかし、油断禁物です。 少しドロドロ状態になりかけているかもしれません。生活パターンを見直してみましょう。 ドロドロ進行中と言えそうです。すぐに生活習慣、特に食生活の改善を始め、適度の運動もしましょう。 危険信号が点滅、ちょっと心配な状態です。このままの生活習慣を続けていくことは大きなリスクです。



心電図・ホルター心電図




 心電図は、両手足と胸部に電極をつけて、心臓からの電気信号を記録するものです。この検査では不整脈、心筋梗塞、狭心症などがわかります。

【検査の受け方】
@ベッドの上に仰向けになっていただきます。
A両手足と胸部6ヵ所に電極を付けます。
B検査中は体の力を抜いてリラックスしてください。
  力が入ると心臓以外の筋肉から余分な電流が発生し、きれいな心電図が記録できないのです。
C検査は数分で終わります。



 ホルター心電図は、携帯型心電計をつけて、日常生活中(仕事中や運動中、睡眠中など)の心電図を長時間(通常24時間)記録するものです。不整脈や狭心症はいつ起こるかわからないため、短時間の心電図検査では異常が発見できないことも多いため、ホルター心電図で24時間連続して心電図を記録し、解析・診断します。

【検査の受け方】
@ホルター心電計を取り付けます。(電極を胸部に貼り付けます)
Aこの小型心電計をキャリングケースに入れて携帯していただきます。
B入浴はできませんが、日常生活はいつも通りしていただきます。
C翌日、記録終了時間に来院していただき、心電計を取り外します。
D記録されたデータは解析センターに送られ、解析されます。



血圧脈波検査




 四肢の血圧を同時に測定して、動脈硬化の程度を調べる検査です。血管の硬さや狭窄がわかります。

【検査の受け方】
@上半身は薄手の服装になります。
Aベッドに横になります。
B両手、両足首に血圧計を巻き、手首にクリップ型の心電図の電極、胸に心音センサーを取り付け、測定します。
C検査は5分程度終わります。リラックスして受けましょう。


                  次はレントゲン室のご紹介です 





     TOPお知らせ当院のご案内医師のご紹介人間ドック・特定健診予防接種よくある質問院内ツアー受信される方へ交通案内ご意見箱リンク求人情報